浜松市中区で予防歯科が受けられる歯医者

  • ご予約・お問い合わせはこちら

    0534642668

    電話受付 9:00~19:00(木・日・祝日休診)

  • 24H受付無料メール相談

予防歯科

自分の歯を守るために

image

世界で1番歯科疾患が少ないと言われる国をご存じですか? それはスウェーデンです。スウェーデンでは、何と91%の国民が定期健診に通っており、80歳時点での残存歯数の平均は20本以上です。ちなみに日本は8本なので、これだけでも違いを実感できると思います。成人の歯は、親知らずを抜くと全部で28本ですので、スウェーデンではほとんどの方が、高齢になっても自分の歯で食事を楽しんでいることになります。

人間の歯はまず乳歯が生えてきて、その後永久歯が生えてくる、それで終わりです。永久歯を失ったら、もう二度と生えてきません。今はインプラントや入れ歯の技術も発達していますが、それでも天然歯に勝るものはありません。

二度と戻らない自分の歯をできるだけ大切にしていただくために、当院では予防歯科に積極的に取り組んでいます。

効果的な予防歯科

予防の方法は、ご自宅で行う「セルフケア」と、歯科医院で行う「プロフェッショナルケア」があります。当院ではまずプロフェッショナルケアを施した後、セルフケアの方法をアドバイス・レクチャーさせていただきます。

プロフェッショナルケア

エアフロー
image

専用のパウダーをウォータースプレーで歯の表面に吹き付け、表面に付着した歯垢(プラーク)、しつこい着色などの汚れを吹き飛ばす方法です。一般的に行われるクリーニングではブラシを使用しますが、歯と歯の間まで届かなかったり、歯ぐきとの境目を磨こうとして歯ぐきを傷めてしまう可能性があります。エアフローでは、勢い良くパウダーを吹き付けることで汚れを一気に洗い流します。細かい粒子によって、歯と歯の間や歯ぐきとの境目も綺麗に洗浄することが可能で、タバコのヤニ・コーヒーなどのしつこい着色も取り除きます。

PMTC
image

専門の器具を使用して行われる歯のクリーニングです。磨き残しや、歯ブラシでは磨けない箇所も含めて、徹底的に綺麗にします。痛みはまったくなく、気持ちよくて眠ってしまう患者さまもいらっしゃいます。

汚れを落とすことで歯本来の白さが戻りますので、美容目的でもご利用いただけます。また、PMTC後、しばらくは汚れが付着しづらくなりますので、虫歯や歯周病の予防にもなります。

EO水
image

通常の水に塩を少々入れ電気分解することにより、除菌効果のある特殊な水に変化します。これが、EO水(電解酸性機能水)です。人体にも無害のため、外科処置後の消毒、虫歯・歯周病予防のためのうがい水としても使用しています。少し酸味がありますが、タンパク質に作用すると普通の水に戻ります。平成14年には食品添加物に指定された、とても安全な水です。

歯石とり(スケーリング)
image

歯周病の初期治療でも行われる歯石とり(スケーリング)です。歯石とは歯垢が硬くなったもので、歯垢とは、細菌のかたまりです。ほとんどの細菌は唾液で流されますが、歯と歯の隙間など、唾液の流れが悪い場所に付着すると増殖を始めます。

付着して2~3日経つと歯垢は硬くなり、歯石になります。歯石になると歯ブラシでは取り除けませんので、専用の器具を使って歯科医院で取り除く必要があります。

セルフケア

歯磨き
image

毎食後、すぐに磨くのが理想です。外出先などで磨けない場合も、その分夜しっかり磨けば大丈夫です。しっかりと磨けているつもりでも磨き残しができることがありますので、定期健診でしっかりチェックしてもらい、正しい歯磨きの方法を身に着けましょう。

歯磨き剤は、虫歯の発生と進行を防ぐ、フッ素入りの歯磨き剤を使用しましょう。歯科医院で販売しているものは、市販の製品より含まれているフッ素が多いのでお勧めです。

デンタルフロス・歯間ブラシ
image

まだまだ使用している方の少ないデンタルフロスと歯間ブラシ。歯ブラシでは届きにくい、歯と歯の隙間の汚れを取り除くための道具です。歯ブラシのみでの歯垢除去率が61%であるのに対し、歯ブラシとデンタルフロス・歯間ブラシを併用すると80%まで高まります。

また、歯と歯の隙間に入り込んだ歯垢は口臭の原因にもなります。デンタルフロス・歯間ブラシを毎日活用することで口臭が改善されることがあります。

24H受付無料メール相談

ページトップへ戻る